自信をUPさせる近道とは?【自分を受け入れることで人生は変わる】

・最近、失敗ばかりしていてどうしようもないほど自信がなくなった。

・自分はどうせ負け組…。

日々こんなことを感じながら生活している方がいるのではないでしょうか?

物事がうまくいかないと、

人はとても自信を無くしてしまいます。

そんな皆さんに共通して言えることがあります。

それは、

自分を信じられていないということです。

多分この記事を目に付けた方は、

自信を身に付けたい方が多いと思います。

今回はそんな方たちのために、

自身がある人もない人も、

簡単にできる自信UPの方法についてお伝えしていこうと思います。

これを通して、

毎日苦しんでいる方に自信が身についてくれればと思います。

それでは早速お伝えしていきましょう。

自分を信じる力

自信を身に付けるためにふと思うのが、

そもそも自信とは何かです。

自信とは何か簡単に説明すると、

”自信とは、自分の能力や価値を確信すること”、

”自分の正しさを信じて疑わないこと”です。

まあ書いて字のごとくって感じです。

そしてこの自信とは、

物事の正確さ、

完成度により現れる感情です。

テストでとても良い点を取った後の順位は楽しみですよね。

何かのスクールで一流の講師にじきじきに褒めてもらったりするときもとても嬉しくなるでしょう。

このときのワクワク感が自信そのものなんです。

ではなぜ自信というものが生まれてくるのでしょう?

それは最初に申し上げた通り、

自分自身の信頼性の高さです。

完璧なプロセス、

物事の完成度のすばらしさは、

個人の能力によって生み出されています。

だから、

ベストを目の当たりにできている自分は完璧なんだと無意識に感じているんです。

あわせて読みたい!

自信がなくなった時に落ち込むわけ

自信を持つことのメリットは、

先ほどお話ししたように、

自身の信頼度が高まることです。

物事を完璧いやり遂げられたあなたは、

自分を完璧視し、

自身を信用するのです。

ではなぜ自信がなくなったとたん落ち込んでしまうのかというと、

性格上の問題もありますが、

多くの場合、

自身への期待値の高さが影響しています。

つまり、

”自分は完璧だ!”とハードルを上げまくった結果、

期待値と大外れし、

それに悲観してしまうという末路になっているのでしょう。

客観視すると、

「勘違いでとてもかわいそうになった人」

ととらえられてしまいますね…。

あわせて読みたい!

もっとも簡単な自信の付け方とは

では、

どうすれば自信を身に付けることができるのでしょう。

あと欲を言えば皆さん簡単に自信を身に付けたいですよね?

ではその答えは何でしょう?

実は自信をつけるには、

いくつかの簡単な順序を踏んでもらうことになります。

順序の内容はこんな感じです。

  1. 自分を受け入れる
  2. 期待値を設定する
  3. 目標を徐々に決める

ではその内容を深掘ってお伝えしていきましょう。

3-1.自分を受け入れる

まず自信をつけるための始めの段階として、

自分を受け入れることです。

よくありがちなのが、

自分の不覚に目を向けられず、

現実逃避を行ってしまう人がいることです。

これではいつまで経っても期待値は上のまま、

「自分はほんとはできるやつなんだ」

とどこかでずっと勘違いすることになります。

なのでまずは嫌でも自分のレベルの低さを知りましょう。

自信はそれによる繰り返しに繋がってきます。

3-2.期待値を設定する

自分のレベルを理解することができたら、

次は自分に対する期待値を再設定することです。

ここでポイントなのは、

期待値はちょっとだけ高く設定することです。

最初から大きく出てしまっては、

再度失敗したときに、

前章でお話ししたように期待値の高さの自分との差に悲観し、

落ち込むことになりいかねません。

だから最初は小さくてもいいので、

自分が到達できる範囲に設定することが重要です。

3-3.目標を徐々に決める

期待値の設定が完了したら、

最後は目標を決めることです。

目標とは、

自分が到達したい領域、

成し遂げたいことなどに設定しましょう。

ここでもポイントがあります。

それは期待値と同じく高く設定しすぎないことです。

気を付けましょう。

目標が設定出来たら、

それが自分の期待値にそぐうものなのかを考えましょう。

これが完了すれば準備完了です。

あとはこの設定に沿って行動していくだけです。

この行動をおすすめする理由は、

単純に物事の成功率を向上させるためです。

みなさんの自信は個人の成し遂げる成果によって現れるものです。

したがって、

自信を一番手っ取り早く簡単に身に付けるには、

こういった行動がいちばん最短の道なのです。

とにかくこのように小さな成果でも出せるようにしましょう。

そしてそれを繰返していくうちに、

あなたは自信に満ち溢れているでしょう。

まとめ

どうでしょう、

自身の身に付け方、

皆さんご理解いただけたでしょうか?

簡単にまとめると、

自信をつけるには、

自分を受け入れ、

期待値を小さく設定し、

その期待値に合う目標を設定して、

成果行動をとり続けることです。

自身というものは常にアップダウンが激しいです。

だからこそ、

小さな行動を積み重ねて大変動を阻止するということです。

皆さんも明日から挑戦してみてください。

スポンサーサイト

最近のコメント