やり取りが上手な人ほど成果が出る話【仕事ができる人になる方法】

「仕事で相手とのやり取りが上手くいかない…」

「お客さんの要望にただ答えているだけでいいのかな…?」

仕事をしていると、

こういった問題が出てくることが多くなりますよね?

仕事だけではなく、

提案や企画などで、

コミュニケーションややり取りというのは避けて通れない道です。

どうすれば成果が出せるようになるのか?

どうすればやり取りを上手くやれるのか?今回の記事ではこういった問題について解説していきます。

この記事を読むことによって、

仕事ができる人になる方法、

仕事やり取り・売れるコミュニケーションとは何なのか?

また成果に直結する相手とのやり取りの行動について理解することができます。

それでは早速解説していきましょう!

仕事ができる人のコミュニケーション

仕事ができる人は、

仕事量よりも、

実は相手の人・クライアントとのコミュニケーションの質で決まったりしています。

仕事の質を求めて行動するのは、

ただの単純作業です。

1-1.雑談力が高い人

まず一つ目として仕事ができる人というのは、

雑談力が高い人です。

相手と仕事をする、

もしくはクライアントとの仕事を進めるにあたっても、

この雑談力は大いに役立ちます。

その理由は信頼度の向上です。

仕事を任されるには、

まず任せる相手が信頼に足る人物かどうかを判断しなければなりません。

これはしごく当たり前のことです。

相手の信頼を買うには、

自己スキルの提示など様々存在しますが、

一番信頼を高めるのに有効なのが、相手との会話です。

会話での印象は強く、

ほとんどの人はそこで気が合うかどうかを無意識に判断しています。

もし会話が上手い方向に向いた場合、

相手はすんなりとこちらに偏りますよ。

スポンサーサイト

まあつまりどんな風な状態が信頼度が高いかというと、

「お互いに息の合う」

状態ということです。

この状況を作り出すためには、

雑談力はとても近道というわけですね。

 1-2.シンプルな提案ができる人

仕事ができる人のコミュニケーションの二つ目は、

シンプルな提案ができる人です。

これは提案や企画、

セールスの時なんかに役立つ行動の一つなのですが、

このシンプルな提案とは何かというと、

とても単純で受け入れやすいもののことです。

なぜ、

このシンプルなものがうまいコミュニケーションに繋がるかというと、

相手にとってそれが難しくない存在だからです。

よく提案などでありがちなのが、

企画などで、

とても便利で画期的なものを追い求めて、

良さをたくさん詰め込んだものを提案する人がおおいです。

でも結果その提案が通らなかったりするのはよくありますし、

セールスでもおんなじで、

めちゃくちゃ便利な商品で、

使えば絶対に得する商品を紹介しているのに買ってもらえないなんてこともよくあります。

なぜこのようなことがおこってしまうのかは、

理由としては多々ありますが、

一番強い理由が、

その提案がシンプルかどうかの問題になります。

シンプルな提案は、

相手にとってとてもわかりやすいです。

もっと詳しく言うと、

何が凄くて、何が自分にとって得なのかがはっきりわかるというものです。

今までうまくいかなかった人は、

このシンプルさを追求するべきです。

あわせて読みたい!

成果が上がるやり取りとは?

仕事で成果を上げるためのやり取りとは何かを解説していきます。

実は成果を上げるためには

コミュニケーションの質も意外と重要なんです。

特にフリーな働き方をしている方なら、

相手とのやり取りは仕事の作業量より質が注力されます。

それでは、

成果をあげるためのやり取りは何かをお伝えしていきましょう。

 2-1.相手の損得を意識しよう

成果を上げるためのやり取りに必要な行動の一つは、

相手の損得を考えられているかどうかです。

仕事を受注するときなんかによくありますが、

仕事を行うにあたって、

自己スキルを提示しまくる人とかよくいます。

それが相手の理にかなっていればよい話ですが、

そのスキルが相手にとってどんな得があるのかを考えられた提案ではありませんよね。

つまり何が言いたいかというと、

相手が求めているものを先読みした状態でのスキル提示を行うべきということです。

見えないところで相手の得を促すには、

相手が今何に困っているのか、

もしくは相手に何があると得なのかを最初に検討しておくことが重要ですね。

 2-2.報連相の速さも仕事の速さ

これ結構凡事なんですけれど、

報連相って仕事の成果に直結しやすいです。

仕事の速さは生産性の向上につながります。

報連相の速さというのは仕事の速さに直結すると思っていて、

なぜかというと、

報連相は信頼アピールと一緒だからです。

相手とやり取りする際、

返事が速かったり報告が速かったりするのは相手にとってとても助かります。

こういったことが速いというのは、

それだけで相手に信頼をアピールできているのです。

これによりやり取りがスムーズになり、

仕事がよりよく進みます。こういった点を考えると、

報連相がしっかりできるってすごく成果に直結しやすい大事なことだということがわかると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?仕事が上手くいくには、

作業の質より交流の質が大事になるということだけでも皆さんにわかっていただけたかと思います。

皆さんもこれらのことを気を付けて仕事に取り組んでみましょう!

スポンサーサイト

最近のコメント