苦手な英語学習を楽しくする方法

どうも! ロフ です

大人になってから英語を学習する。そんな必要が生じる瞬間が訪れた方はいらっしゃませんか。就職や転職活動を有利にするためのTOEIC受験対策勉強。異動やM&A、会社の方針で英語が必要な環境になってしまった方、昇進のための条件に英語の成績も必要な方。様々の事情があって、大人になってからの英語学習が必要となった方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、英語が苦手な大人のための英語学習を少しでも楽しくする方法について紹介いたします。

私自身、実は英語に対する苦手意識がとても強く、大学で習った第二外国語の方がまだましと思えるほどの英語嫌いです。学校での成績と言えば、中の上というレベルなので、学生時代に大きく困ることはないまま社会に出ました。メールなどの必要最低限のものであれば、Googleなどの翻訳機能を使いながら何とか対応できるものの、転職に向けてTOEICの勉強をしようと思ったことで、大きな苦痛を味わうことになりました。

試しにはじめて模試を解いてみた際には、何と300未満のスコアです!あまりにもひどすぎて英語アレルギーが再発するほど落ち込みました。

しかし、ここから500、600点台と徐々にスコアを上げていくためには、今までと違うことが必要という気持ちはありましたので、色々な対策本を買い込んで、実践してみることにしたのです、その結果として、スコアが上がれば苦手な英語学習も楽しめるようになりました。

スポンサーリンク

自分で考え、英語を発するスマホ自主トレーニングアプリ【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!

英語嫌いの大人のための英語学習4ステップ

語彙を増やそう

まずは第一に語彙力が圧倒的に足りていないということを痛感しました。

もしも、あなたが国語の成績はよくても英語ができない方であれば、まずは英単語の語彙力を上げることからはじめるのが良いかもしれません。

中学生レベルの単語も忘れていることが少なくないので、いきなり難しい教材ではなく、学生向けの簡単な教材から復習をはじめると分かるものもあるため、少しは気が楽になるでしょう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 542367ea18c43ca6930c782272f45aa7.png です

文法を再学習しよう

もしも、あなたが穴埋め問題でつまづく傾向にある方であれば、文法の学習が問題を解決してくれるかもしれません。

学生時代のテストとは異なり出題範囲が分からない社会人生活の中では、短期的な記憶力だけでは太刀打ちできません。

可愛いキャラクターが解説してくれる入門書もあるため、無理をせず読みやすい書籍を手に取って文法を再度学習することで、今までよりも分かる英文が増えることでしょう。

出題傾向をとらえよう

もしも、あなたが何かの試験を受けようとしている方であれば、英語力を上げただけではスコアが伸びないかもしれません。

テストごとの出題傾向を正しくとらえて、学習を進めることも早期の目標達成には大切です。

達成可能な短期的な目標を立てよう

はじめから大きな目標を掲げては苦手なことは苦痛になるばかりです。はじめは到達できそうなまずは、1日20単語覚えるなどの小さな目標を立ててクリアすることを繰り返してみましょう。自分で立てた目標をクリアし続けることで、隙間時間で取り組む学習もゲーム感覚で楽しめるようになるかもしれません。

ロフ てき まとめ

大人になってから苦手なことを克服するのは大変ですが、できた時の達成感が大きく、他のことも頑張ってみようというモチベーションにもつながる可能性があります。もしも、少しでも楽しく苦手な英語を克服したいという方がいらっしゃれば試してみてはいかがでしょうか。

最近のコメント