天気が悪くなると身体の調子が悪くなる人は多い

低気圧がやって来て天気が悪くなるその気圧の変化で、

体調を崩してしまう人は昔から多い様です。

昔から、おじいちゃんが関節痛が痛むと言っていたタイミングで天気が悪くなっていたな?

と言うのを覚えていた人も居るかも知れませんが、

まさにその関節痛が低気圧によって引き起こされていた現象だったと思います。

でも、どうして低気圧で調子が悪くなったり関節痛が痛むのか?と言うと、

天気が悪くなるから不安を感じたりした精神的な原因もあれば、

自律神経のバランスが崩れて起こったり、

あわせて読みたい!

微妙な気圧の変化が影響したりして起こるのですが、

コレ!と断言するのは難しかったりします。

と言うのも、それぞれが低気圧の何に対して体調を崩したり

関節痛になっているのかの特定が難しいため、

原因を断言するのは困難を極めるのです。

なのでもう、天気が悪くなる=身体の調子が悪くなると言うイメージで良いと思います。

中には全然影響を受けない人も多いですが、

天気が良くなって晴れてくると体調が戻る人が多いので、

天気が悪くなったからもう人生終わりみたいな顔をしないで欲しいですね

とりあえず、ちょっと雨が降る時間がある程度の変化なら耐えられる様に

日々イメージトレーニングなどをして低気圧への抵抗力をつけて行くのも良いでしょう。

最近のコメント