家庭で長くお花を楽しむ方法

どうも! ロフ です

お部屋や玄関に一輪でもお花が飾られているだけで、何となく明るい雰囲気を感じませんか?さりげなく飾られたお花は、見る人の心を和ませるだけではなく、風水的にも良いと言われています。

生活必需品ではないものの、小さなお花があるだけで、一人暮らしのマンションでも不思議と華やいだ雰囲気になります。

せっかくお花を購入したからには、できるだけきれいな状態で長持ちしてくれると嬉しいですよね。お花を長持ちさせるにはいくつかのポイントがあります。今回は、切り花をできるだけ長く楽しむことのできる方法についてご紹介いたします。

水切りをしよう

切り花を購入した場合には、まず水切りをしてあげましょう。水切りとは、茎の先を切ってあげることで、お花がよく水を据えるようになるための方法です。

断面を潰さぬようによく切れるハサミを使って、茎の先を少し斜めに切ってあげるひと手間だけでお花が長持ちします。

買ってきた直後だけではなく、少ししんなりとしてきたかな?と思ったタイミングでも、水切りをしてあげることで、長くお花を楽しむことができるようになります。

余分な葉を取り除こう

葉が多いほど水分が飛びやすいので、不要な葉はあらかじめ取り除いておくことで、お花が余分なエネルギーを消費せずに長持ちします。

ただし、全て取り除いてしまうと、お花が栄養を作り出すことができなくなってしまいますので、多少は残しておくようにするとよいでしょう。

.お水は毎日とりかえよう

水はこまめにとりかえることが大切です。気温や湿度が高い夏場は毎日、それ以外の季節も2日に1回くらいの頻度でとりかえるましょう。この時には、茎がヌルヌルしている場合には、水で優しく洗ってあげるとよいでしょう。

また、お水をとりかえる際には、お花をいけている花瓶も洗って、雑菌が繁殖しないように注意することで、より長い期間をお花を楽しむことができます。

加えて、水の中には、10円玉(銅イオンによる殺菌効果)や1滴お酢や漂白剤を入れることで、雑菌が繁殖しにくくなりますので、特にこれからの梅雨時や夏場にはおすすめです。

飾る場所を選ぼう

お花を飾るのであれば、涼しい日陰になる場所がおすすめです。

水温が上がりすぎると水中の雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので、直射日光の当たる暑すぎる場所は適しません。逆にクーラーの風が直撃する場所も乾燥によって傷みやすくなってしまうので、避けた方が良い場所です。

ロフ てき まとめ

上手にお手入れをすることで、2~3倍は長持ちします。お気に入りのお花を長く楽しめるようにひと手間かけてあげてはいかがでしょうか。

最近のコメント