楽天でお小遣い稼ぎ?『ROOM』が楽天ユーザーに愛されるのはなぜなのか

スポンサーリンク

どうも! ロフ です

数年前から少し変わった副業が増えてきたように思えます。データ入力やライティング、プログラミングといったメジャーな副業は特に変わっているとは考えにくいのですが、そういったものとは別に、奇妙な仕事が存在しています。

そのうちの一つが、本記事で紹介する『ROOM』を使ったお小遣い稼ぎだと言えるでしょう。

テレワークが推進されたことによって『ZOOM』は知っていても、「ROOMってなに?」と考える方が多いのではないでしょうか。また、紛らわしい名称のため「姉妹提携したサービス?」と思いつく方も居られるのではありませんか?

さて、『ROOM』というサービスはどのようなポイントが魅力的なのか? また、どうやって副業としてお小遣い稼ぎをしていくのか?

そんな疑問を一気に解決していきましょう!

ROOMとは何か

まず、『ROOM』とは楽天が提供しているショッピング専用アプリを指します。ROOMでは自分がお気に入りに登録した商品を集めたリストを作って、誰かがそのリストを見て商品を買うとポイントが入る仕組みとなっているサービス。

SNSのようなフォロー・いいね機能があるため、ユーザー同士の交流が可能となっているのが女性を中心とした人気の理由なのだそう。

楽天へ会員登録済の方であれば誰でも利用できますし、リスト数に制限がある、なんてこともあり得ません。ですから「楽天の会員じゃないけど少しだけやってみようかな?」と思ったらパパッと始められますよ。

以下の項目では既に楽天へ登録している、という大前提を置いた上で ROOMの楽しみ方、お金の稼ぎ方について説明していきますので、興味のある方は最後までご覧になってくださいね。

魅力的なリスト作り

さて、ROOMでちょっとしたお小遣いを稼ぐためにも、まずは自分のリストを作成しましょう。

無作為に好きな物をポンポン集めてみるのも面白いかもしれませんが、まずは特定のジャンルのみに商品を絞ってみるのがオススメですよ。

ROOMを利用するユーザーは男性よりも女性が多数を占めているため、ファッション・小物類などがウケやすいでしょう。また、季節に合わせたアイテムを取り揃えてみるのもいいですよ。

ちなみにジャンルは30種類以上あるのですが、大きく分ける以下の通りになります。

①ファッション・小物
②食品
③精密機器・家電品
④住宅・不動産
⑤インテリア
⑥健康・医薬品類
⑦美容・コスメ類
⑧趣味(スポーツ・ホビー・車・DIYなど)
⑨光回線・モバイル通信
⑩本・雑誌・コミック
⑪キッズ・ベビー・マタニティ

以上のものは全て2020年6月現在のジャンルではあるものの、今後さらに拡大していく可能性もあります。そのため、運営から届くお知らせは見逃さないように毎日要チェックしたいですよね。

ともあれ、上記のリストから気になったジャンルを絞り、自分が気になったアイテムをどんどんリストインさせてみるのが良いでしょう。

あまり高額な物は控えて、誰にでも手が届きやすい、ローコストな商品を抑えるのがコツですよ。

スポンサーリンク

稼ぐにはどうすれば?

次に、ROOMを使ったお小遣い稼ぎについて注目してみましょうか。まず、ROOMのルールについて詳しく掘り下げることにしますね。

ROOMでは好きな商品をリストに掲載し、誰でも見れる状態にしてからが本番です。これは俗にmy ROOMと呼ばれているのですが、このROOMから商品が購入されると売上金額の2〜14%が報酬として貰える仕組み。このパーセンテージはランク制度によって決められており、多くの人々がリストの商品を買えば買うほどパーセンテージも上がっていくんです。ちなみにSランクに到達すれば8〜14%のマージンとなりますよ。

つまり、パーセンテージを頭に入れておくことがROOMを上手く、楽しく利用するために必須なんです。たとえば10000円の商品が購入された場合、5%の500円が収入になりますよね?

マージンが5%ということは、20人に買ってもらってようやく本来の価格となります。この微々たる取り分からいかに稼ぐか? を考え、浮かんだアイディアをひたすらに実践していくのが上手なROOMユーザーの習慣のようなものです。

ですが、先ほどの項目でも言ったように「少しでも多く取り分を!」と考え、あまりにも高額な商品をリストに入れていくのは悪手です。

なぜならROOMを利用するユーザーは大富豪でもなんでもなく、なるべく安くて質の良い商品を望んでいるからですね。そのため、次は購入者側の視点に立ち、「自分ならこの商品が欲しいかも?」と思った物をリストインしましょう。

ポイントを現金化するにあたって

ROOMで収益が発生したら、いよいよ売上が手に入ります。しかし、ROOMでは売上が自動的に楽天スーパーポイントに変わる仕組みとなっているため、すぐに引き落とすことはできません。

そもそも、ROOMでは確定成果報酬の金額が3000円までだと楽天スーパーポイントが付与され、現金を手に入れることができないんです。しかし3000円を超過した場合はスーパーポイントではなくキャッシュで付与されるのだとか。

キャッシュを付与されるためには楽天カードを発行する、または楽天銀行口座の楽天会員リンク登録をすることによって可能となります。

どちらかで構いませんので、ROOMに登録した後は楽天カードを発行するか、銀行口座に楽天IDを紐付けましょう。それだけで自動的に現金が手元に入ってきますので、「楽天で買い物をしないからポイントは使わないし、手元に現金として置きたいな」と考える方は以上の手続きを忘れることのないよう早めに済ませてみてくださいね。

もちろん、普段から楽天でお買い物をしている方であれば手続きを済ませずともポイントが入ってきます。スーパーポイントに使い道を見出している方は、確定金額をまるごとスーパーポイントとして活用するのも一つの手ですよ。

まとめ

ROOMについて紹介しましたが、本記事を読み終えてもイマイチよくわからない、とお考えの方もおられるのではないでしょうか?

他ユーザーのリストを覗き、気になった商品があれば自分でも買ってみる……。そういったサービスは中々聞き慣れるものでもありませんから、困惑するのも当然なのかもしれませんね。

とはいえ、ここまでROOMの魅力について知っていただけたのですから、「そんなサービスもあるんだ」では終わらず、「少しだけ利用してみようかな」と思ってもらいたいものです。

また、楽天では新規カード作成で5000ポイント以上のお得な特典が付くキャンペーンが常時開催されています! この機会に是非、楽天のお得なサービスに囲まれてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

最近のコメント