文章を書く仕事をするための、文章力の鍛え方

ロフ

突然ですが、

あなたはこんな悩みを持っていませんか??

文章を書く仕事をしたいんだけど、どういった文章力が必要なのかわからない

必要な文章力ってどう鍛えればいいのかわからん

文章をお仕事にするというのは、

初めての方だと難しく感じる方が多くいると思います。

それはなぜかというと、

学校で習う文章の文体と、

ネットでよく見かける文章の文体には大きく違いがあるからです。

では今まで習ってきた文章でこれからライティングの仕事に取り組むことははたしてよいのでしょうか?

結論から言ってしまうと、

書いてもいいのですが、

あなたの今まで習ってきた文章で仕事はできません。

ロフ

あ、「もう無理だ…」と

落ち込むのはまだ早いですよ!

今までの文体であなたがライティングのお仕事をするのは不可能ですが、

あなたがネットの文章を知ることで、

その文体は確実にネット文体に変身します。

その根拠はこれからお伝えする違いを知ってもらうことでわかります!

またネット文章と自分の文章の違いを理解して、

それを鍛えることで、

しっかりとしたライティング系の仕事を取ることが可能になります!

ということで今回は、

ライティングの仕事をするための文章力と、

その鍛え方についてお伝えします。

今回の記事を読むことによって以下のような項目の内容がわかります

  1. あなたの文章とネット文章の違い
  2. ライティング力の鍛え方

それでは早速解説していきたいと思います!

あわせて読みたい!

あなたの文章とネット文章の違い

それではまず最初に、

あなたの文章とネット文章の違いについて解説していきます。

この違いを知ることによって、

あなたがライティングの仕事がかなりしやすくなります。

 1-1.レストランとコンビニ比較と同じ

あなたの文書とネット文章の違いは、

レストランとコンビニの比較で例えることができます。

レストランで出される食材は味やビジュアルをとても重視している、

いわばアートのようなものです。

それと比較してコンビニ食というのは、

すぐに食べられる、

いわば必需品と呼ばれるものです。

仮にあなたがお昼ご飯を食べに行くとしましょう。

あなたは特別な日でもない限り絶対にレストランで食事をとることはありません。

あなたはコンビニ食で毎日の昼を済ませることでしょう

(コンビニ食の身体に対する健康への影響は置いておき…)

さてレストランとコンビニ、

どちらが日々においての需要度が高いでしょう?

これは

必然的にコンビニの方ですよね??

文章もこれと全くおんなじです。

あなたの文章は例えればレストラン、

きれいな文章校正と正しい文法に乗っ取った、

誰が読んでもおかしくない文章。

一方ネット文章というのはコンビニ、

正しい文章ではないですが、

必要なことがすぐにつかめてとても楽です。

おまけに私生活でよく使うフレーズや単語が出てきたりしてとても読みやすい。

これが両者の違いなのです。

これも当然どちらが需要度が高いかは理解できると思います。

 1-2.ライティングとはサービス

あなたがライティングの仕事をしていく中でもう一つ知っておいて欲しい重要なことがあります。

それは、

”ライティングはサービス”

という考え方です。

今までの文章は、

学校の作文や大学の論文のように難しい表現や専門用語でしっかりとまとめられていました。

ですがはっきり言いましょう。

そんな堅苦しい文章誰が読みたいと思いますか??

今の文章というのはサービスとおんなじです。

読者が何を求めて、

何がすぐに欲しいのか?

どうすれば読者を行動させられる文章になるのか?その一点に限られます。

とても重要な考え方なのでしっかりと覚えておきましょう!

ライティング力の鍛え方

ここまでの内容でもかなり勉強になったと思います。

それでは次に、

あなたのライティング力を上げる鍛え方をご紹介していきたいと思います!

 2-1.ブログ記事やネットニュースを読もう

あなたの文章力を上げるための鍛え方の一つは、

ネット上でのブログ記事を何本も読み込むことです。

検索して一番に出てきた記事を開き、

ブログの文体や構成、

どんな言葉が使われているかをしっかりと確認しましょう!

ほかのコンテンツから学ぶことは、

あなたの文章力を大きく成長させるカギになります!

 2-1-1.ダメな記事の特徴

ブログ記事を観察するうえで、

ダメな記事の特徴をお伝えしておきます。

それは以下の項目です↓

  • 文章が長い
  • 読みにくいレイアウト
  • 専門用語いっぱいで何言ってるかわからん
  • タイトルと文章の意味が全然釣り合ってない
  • 文章に信頼性がない

このような項目の多い記事は読んでても意味がありません。

すぐにブラウザバックするようにしましょう。

 2-2.クラウドソーシングで仕事を取ってみる

スポンサーサイト

次はクラウドソーシング

(ネット上でのお仕事受注ができる場所)

でお仕事を取ってみましょう。

ある程度ネット文体が理解できているのであれば、

後は挑戦のみです。

報酬は少なくてもいいので、

まずは自分で書いてみることをお勧めします。

よくブログから始めてみろという方が多いのですが、

実践を積んでからの方が成長スピードが上がると思うので、

仕事から試してみることをお勧めします。

ロフ

まとめ

ということで今回は、

ライティングの仕事をするための文章力と、

その鍛え方についてお伝えしてきました。

まとめると、

  • あなたの文章とネット文章は、レストランとコンビニの必要性の比較と同じ
  • 誰もほんとは堅苦しい文章なんて読みたくない
  • ライティングはサービスと同じ
  • ダメな特徴に注意して、ネット上のブログ記事を研究する
  • クラウドソーシングサービスでいきなり仕事をとっちゃうのがおすすめ

文章力というのはいまやどんなところでも役立つ力です。

そのために、

今までの文章とはお別れして、

これからの時代の文章力を身に付けることで、

あなたの人生は大幅に変わります。

スポンサーサイト

最近のコメント