【最強】短い時間で成果を出す「追い込み勉強法」について解説!

試験勉強で全然やる気がでない

試験が迫っているのに全然勉強に手がつかない

今必死になって勉強している方は

おそらくこんなことを毎日思いながら過ごされているのではないでしょうか??

試験勉強といっても、

期間が近づかないとなかなか勉強に取り掛かるのが難しいですよね。

「前回のテストではあまり良い点が取れなかったから今回はテスト期間前から勉強するぞ!」と、

悔し思いから早めに勉強に取り組む人もいると思いますが、

そういう方であっても大体3日坊主で勢いがなくなってしまい、

「まだ範囲が出てないから勉強できない」

と言い訳して辞めてしまうのが落ちだと思います。

皆さんにお伝えしたいのは

テスト勉強とは限られた時間で高い成果を出すことが最もベストなんです。

だからよく、

しっかり勉強していても、

テスト勉強を期間内から始めた人に追い抜かされてしまう現象があるんです。

ではどのような試験勉強をすれば、

高い成果を出せるようになるのでしょう?

ロフ

今回はその答えについて解説していきたいと思います!

今回の記事を読むことによって

以下のような項目の内容を理解することができます

  1. 追い込み勉強はかなり効果の高い勉強法
  2. 徹夜は逆効果

スポンサーサイト

追い込み勉強はかなり効果的

高い成果を出すために効果的な試験勉強は、

追い込み勉強法だと思いました。

ちょっとわかりにくいのでもうちょっと詳しく説明します。

短い時間で追い込む

追い込み勉強法というのは、

簡単に言うと、

限られた時間で時間をかけて勉強することです。

ここでポイントとなるのが、

”テスト期間以外は勉強しない”ということです。

つまりテスト期間という短い期間で自分に危機感をもたらせて、

その勢いで試験勉強を行うということです。

これが、

急に勢いよくがり勉することになるので、

”追い込み”と呼んでいます。

追い込むことのメリット

追い込むことのメリットはいくつかあります。

以下の項目にリストアップしてみました

  1. 緊張感が続く
  2. 勉強量が増える
  3. 忘れにくい

一つずつふかぼって説明していきますね。

緊張感が続く

まずメリットの一つ目は、

緊張感が続くことです。

早めに始める人というのは、

期間にまだ日があるので、

余裕があると思いつい気が抜けています。

それはすなわち、

スローペースで勉強を行っていくことになります。

期間に入って追い込み勉強をする人と比べるとペースは遅いので、

すぐにレベルに差がついてしまうのです。

一方追い込み勉強を行うことによって、

テストまでの短い日々に緊張感がわきます。

「ああ、テストまであと何日しかない…」という緊張感は、

日々の勢いを持続してくれるので、

日ごとに気が抜けることはないのです。

勉強量が増える

追い込み勉強法だと、

勉強量が格段に増えます。

テストまでの焦りに乗じて、

より多くの勉強を行うことができます。

先ほどお伝えした緊張感による勢いで集中力もUPするので、

さらに勉強が捗ります!

また、

勉強量がふえることによって、

幅広い内容で勉強することができます。

高速なスピードであらゆる対策を行おうとするので、

テスト対策力も向上するのです!

忘れにくい

追い込み勉強の最大のメリットとも言っていいものが、

記憶したものを忘れにくいというところです!

テスト期間外から勉強を始めている人は、

勉強していてもその内容を忘れてしまいがちです。

日々を超すことに覚えた内容が忘れていくのは、

エビングハウスの忘却曲線ですでに証明されているので、

脳科学的に記憶忘却にあらがうことはできません。

ですが追い込み勉強というのはその忘却に対応できるんです!

短い期間での勉強は、

記憶したものとテストまでの日時とにあまり差がありません。

よって、

追い込み勉強によって学習した内容はテストの時まで85%程度覚えていられるんです!

ここは追い込みの最大の利点だと思っています。

徹夜は逆効果

追い込み勉強法がとても効果的だということがわかりました。

ですが効果的だからと言って、

それを間違った方法で行ってしまうと本末転倒の恐れがあります。

それはずばり徹夜です。

追い込みと聞いたときに、

最初に限界まで勉強することと感じた人が多いと思います。

ですがそれは回答的には不正解で、

決して徹夜までして勉強するから追い込みというわけではないのです。

むしろ徹夜をするととても逆効果になってしまうのでやめましょう!

徹夜しても覚えない

徹夜をしても結論は記憶に残りません。

記憶というのは睡眠によって最も定着するものです。

なので多い勉強量と濃い記憶量はイコールにはならないのです。

むしろ徹夜してまで勉強することで、

私生活の学習時間に支障が出てきてしまうので、

くれぐれも徹夜での勉強はやめましょう。

時間帯的には、11:00までには勉強を終了し、

すぐに別途に行くようにしてください。

追い込み勉強の記憶場面は睡眠だけが一番の頼りなんですから。

ロフ

まとめ

というわけで今回は追い込み勉強が高い成果を出す最も効果的な勉強法だということについてお伝えしてきました。今回の記事の内容をまとめると以下の通りになります↓

  • 追い込み勉強によって、高い緊張感を保ち続けられるので、テストまでの勢いが崩れない
  • 追い込み勉強によって、勢いによる勉強量が増え、幅広い部分で対策力がつく
  • 追い込み勉強によって、短い期間での学習になるため、記憶したものを忘れにくくなる
  • 正し徹夜は逆効果になるので11:00になったらすぐに別途に行く
  • 睡眠は追い込みの記憶定着の唯一の頼りということを意識する

試験勉強の勉強の仕方が今回の記事で理解できたと思います。多くの人が、早めに勉強をするからいい結果が出るというマインドを持っています。ですが実はそうではなく、限られた時間でたくさんの学習内容を定着できるからテストでいい結果が出てくるのです。皆さんもぜひ明日から意識してみましょう!

合わせて読みたい!

最近のコメント