夜ダラダラしないための対策法【原因は○○!?】

「仕事から帰って疲れてるのに、なんかいつもダラダラ起きてしまう…」皆さんは日常生活でこんなことよくありませんか?子供のころでもそうですし、大人になってからも、夜遅くまで引きずって起きてしまうなんてことはよくあることだと思います。「これじゃ、日々の生活でもっとつかれちゃうよ、何とかしたい!」今回はそんな方々のために、夜にダラダラしないための対策法を皆さんにお伝えしていこうと思います。この記事を読むことによって、皆さんが夜ダラダラしてしまう原因と、その対策の仕方を理解することができます。明日から早く寝たいかたはしっかりと覚えましょう。ということで早速解説していこうと思います。

夜にダラダラしてしまう理由

それではまず、皆さんが夜にダラダラ過ごしてしまう理由について説明していこうと思います。皆さんがダラダラしてしまう理由は以下の2つが原因となっています。

  • ダラダラする心理
  • プライベートタイムの不足感

詳しく解説していきたいと思います。

 1-1.ダラダラする心理

ダラダラしてしまう理由は人それぞれあると思います。ですが実は心理的に同一の感情で夜を過ごしています。それは一体なんなのでしょうか?答えは安心感です。仕事などで毎日大変な一日を送っている皆さんは、いつも緊張感に見舞われています。でも必ず人にはどこかで息抜きする時間というものが必要です。それの状況に一番適しているのが、帰宅した後なんですね。どうですか、皆さん。仕事、まあ学校から帰ってきた後でもいいですけど、皆さん大体そこで気が抜けて、「ただいま~、ああ、疲れたぁ~…」なんて言葉が自然と発せられていると思いました。これはつまり皆さんが休息するゾーンに入ったことで、緊張感がほぐれた状態になります。ですがこのダラダラの原因はまだもう一つあって、それに繋がっているんです。それが次の理由です。早速見ていきましょう。

 1-2.プライベートタイムの不足感

皆さんがダラダラしてしまうもう一つの理由が、プライベートタイムの不足感があるからです。家に帰宅した皆さんは安心感いっぱいになりますよね?でもやがて寝る時が来ると、皆さんこう思います。「ああ、やばい!また明日の出勤がきてしまう…もっと自由タイムが欲しいなぁ」こんな心理が働いてしまい、皆さんは夜をダラダラとした時間につかってしまうんです。本当は十分な睡眠と休息を取った方が良いとわかっていても…。

対策の仕方とは!?

どうですか?結構当てはまってる人いると思います。どうにかしたいですよね。それではこのダラダラ心理を撤廃して、しっかりと休息をとるための対策の仕方を皆さんにお伝えしていこうと思います。

 2-1.しっかりとした湯船につかる

まず一つ目の対策として、睡眠効果を上げるためにしっかりとした湯船につかりましょう。これによって、お風呂上がりの温度の減少と共にたくさんの眠気があなたを襲います。だんだんと気持ちよくなってくるので、そうしたら何も考えずに布団に突っ込みましょう。しっかりとした休息を取ることで、質の良い睡眠をとることができます。

 2-2.炭水化物はしっかり取ろう

もうひとつの対策も睡眠効果UPです。白米をたくさん食べて、炭水化物をしっかりとりましょう。炭水化物は、消化する際にとっても眠気が強くなります。午後の授業なんかで寝てしまう人がいる原因は、炭水化物をたくさん摂取することによる消化作用の熱が影響するからです。

 2-3.スマホは我慢

この対策は、プライベートが欲しい皆さんには少し苦しいかもしれませんが、夜にもうスマートフォンを閲覧するのはやめましょう。スマートフォンの閲覧はブルーライトによって、せっかくの眠気をすべてはらってしまいます。夜にユーチューブを見たいのはわかりますが、ダラダラするのが嫌なのであれば我慢です。

まとめ

ということで今回は、夜ダラダラしてしまう原因とその対策の仕方について解説していきました。簡単にまとめると、

  1. 夜にダラダラしてしまう理由は、ダラダラする心理が働いている
  2. プライベートタイムの不足感を感じている
  3. 睡眠は休息にならないと思っている
  4. 対策の一つは、湯船につかってしっかり眠気を作る
  5. 白米とかの炭水化物で眠気UP!
  6. スマホ閲覧は我慢しましょう…

という感じでした。ダラダラは誰でもしたことはあると思いますが、それによって逆に私生活や仕事に問題が出てきてしまいます。今の皆さんに確実に必要なのは、睡眠による十分な休息です。睡眠が休息にならないのは決してあり得ないので、明日から皆さんも試してみてください!

最近のコメント