正月太りを解消できる!まだ間に合うダイエットにおすすめ食材を紹介!

ロフ

2021年となりましたが

皆さまいかがお過ごしですか。

美味しいご馳走を食べてダラダラ過ごした年末年始、

体重が増えてしまい慌ててダイエットを始めている人も多いのではないでしょうか。

春になれば新しいことが様々始まると思います。

正月太りは冬のうちに解消しましょう。

とはいえステイホームが推奨されるこのご時世、

運動をするにもジムやヨガ教室などに通うのは控えたいですよね。

そして手っ取り早く痩せられるのは食生活の改善ではないでしょうか。

この記事ではダイエットに効果的な食材や調理方法を紹介します。

スポンサーサイト

自宅でトレーニングするなら!!

正月に体重が増える原因は?

そもそもどうして正月太りは起こってしまうのでしょうか。

原因として考えられるものを挙げていきますので、

これからの食事や来年の年末年始に参考にしてみてください。

寿司、餅

まずはダイエットの天敵、

炭水化物についてです。

年末は巣ごもり需要に合わせて、

回転寿司やスーパーマーケットから例年より豪華な持ち帰り寿司のチラシ広告が出ていました。

テイクアウトした寿司を家族で囲んだ家庭は多かったのではないでしょうか。

そして季節の区切りごとに食べられるのが餅、

正月には焼き餅や雑煮など、

たくさんの餅料理を食べたと思います。

余った餅を正月が過ぎても食べきれず、

なんとか消費しようとあらゆる料理にして食べている頃ではないでしょうか。

まずは寿司のカロリーから説明してきましょう。

一人前の寿司は約500Kcal、

握り飯が高カロリーになっています。

しかも正月となると通常よりたくさん食べてしまうのではないでしょうか。

寿司職人の握るシャリより機械が握るシャリは大きく、

寿司ネタの方も基本的にトロやうなぎなど高価なものはカロリーも高いので注意が必要です。

そして切り餅一個のカロリーは100Kcal。

しかも一回に2個や3個、

食事と一緒に食べますよね。

そうなると一回の食事のカロリーはかなりのものになります。

おせち

おせち料理は糖質に注意が必要です。

栗きんとんはカロリーの高い栗を大量の砂糖で煮詰めた料理、

黒豆は豆自体だけでみるとダイエットに良い食材であるものの、

砂糖が黒豆と同量入っています。

また甘い卵焼きである伊達巻きや煮しめ、

田作りにも大量の砂糖が使われているため体重増加の原因になります。

さらに前述したハイカロリーな餅が雑煮やお汁粉に入っているので、

おせち料理は地方やご家庭によって入っている料理が変わりますが、

調味料が大量に入っていることや餅が入っていることで、

共通してハイカロリーな食事といえるでしょう。

クリスマスから蓄積

正月だけで体重が何キロも増えたと思ったら大間違い。

その脂肪はクリスマスから蓄積されているのです。

クリスマスに食べたチキンやケーキ、

年末のご馳走、

そしてお酒やお菓子。

これに加えて正月のご馳走を食べたことで一気に体重が増えてしまったと考えられます。

12月から正月に掛けての怒濤のご馳走ラッシュに、

食事量をコントロールできるかどうかが大切になってきます。

ダイエットに効果的な食材

ここからは正月太り解消に効果的な食材を紹介していきます。

野菜ステーキ

肉の代わりに野菜を使ってステーキにする料理がダイエットに効果的です。

特に大根は大量の食物繊維含まれているので整腸作用があり、

イソチアネートが含まれていることによって代謝を促す効果もあります。

野菜ステーキの作り方は共通していて、

野菜を分厚くスライスして、

ステーキと同じ要領で焼きます。

最後にステーキソースを掛ければ完成です。

大根の他にもアボガドは高栄養低糖質といったダイエットに最適の食材で、

食物繊維も豊富です。

アボカドステーキという料理もあります。

ただし森のバターと呼ばれていることもあって

カロリーが高いので摂取量には注意しましょう。

白湯 (さゆ)

沸騰したお湯を飲めるくらいの適温に冷ましたものです。

血流を良くするデトックス効果や冷え防止効果があり、

美容に良いとして女性に好まれてきました。

胃腸の働きをよくするなど、

ダイエットにも最適で老若男女問わずオススメです。

飲む時間としては、

朝に飲むと寝ている間に溜まった悪いものを流してくれると言われています。

また毎食冷たいお茶などを飲んでいるのであれば、

代わりに白湯を飲んでみましょう。

初めて飲む人だと不味く感じることがあるかもしれません。

白湯は体調を崩しているとまずく感じると言われています。

健康な体の人ほど美味しく感じるそうなので、

毎日の習慣にしてダイエットと健康な体の両方をゲットしてみてください。

糸こんごはん

こんにゃくに含まれるグルコマンナンは食欲を抑え、

さらにカロリーが低いためダイエットにもってこいの食材です。

米粒程度のサイズに糸こんにゃくを切って、

ご飯に混ぜて食べることによって一食あたりの摂取カロリーを減らすことができます。

糸こんを混ぜても味も食感もほとんど変わらないというメリットもあります。

ロフ

まとめ

正月太りの原因と

ダイエットに良い食べ物を

紹介しましたがいかがだったでしょうか。

野菜ステーキは知っていても、

白湯は知らないという方はいたのではないでしょうか。

正月太りを解消して

スッキリした状態で新生活を迎えてくださいね。

あわせて読みたい!

スポンサーサイト

最近のコメント