スーツケース失敗しない選び方!スーツケースの選び方についてまとめてみた

どうも! ロフ です

旅行や出張、留学など様々なシーンで利用されるスーツケース、いざ選ぶとなると意外と何
も知らなかったりしますよね。
簡単に手に入るスーツケースですが、何を基準に選んだらいいのかご存知ですか?
スーツケースには、材質や大きさにも他種多様な種類があり、そして様々なシーンに合わせ
た選び方が出来るのです。
スーツケース選びのポイント
まず、スーツケース選びの基本となる特徴を紹介しますね。

ボディの材質

◎ハードケース


人気のハードケースはボディが硬いプラスチックに覆われているので とても丈夫で、防水の
面でも安心 です。
メリット
・荷物の整理がしやすい
・強度や耐久性が高い
・カラーが豊富でデザイン性が高い
・TSA対応の鍵が標準装備になっている
デメリット
・キズが付きやすい
・荷物を詰める時にスペースをとる
・ソフトケースに比べて思い

◎ソフトケース



なんと言っても軽い!
移動が多い旅にはおすすめです。
メリット
・軽い
・外側のポケットが便利で使いやすい
・かさばるものも収納できる
・柔軟性がある

デメリット
・鋭利な物に弱い
・外からの衝撃に弱い
・鍵が外付け

ファスナータイプとフレームタイプ

◎ファスナータイプ

フレームタイプと比べると、軽いです。
少しの隙間を開けて荷物の出し入れが出来て便利です。
メリット
・軽いものが多い
・荷物を出し入れする時に楽
・本体が壊れにくい
デメリット
・防水性が低いので雨に弱い
・ファスナーを壊されやすい

◎フレームタイプ

本体をフレームが囲っているので頑丈に出来ているものが多いです。
重量はありますが、防犯性の面ではファスナータイプに比べて安心感があります。
メリット
・堅牢性が高く、丈夫で壊れにくい
・ワンクリックで開閉できる
・安定感がある
・防水性が高い
デメリット
・ファスナーと比べると重い
・荷物の出し入れがやりにくい

ボディの表面加工

◎鏡面加工

鏡のように艶があって 高級感 があります。
凸凹のあるボディデザインだと光が当たるとより綺麗に見えます。

メリット
・発色が良い
・艶があり綺麗
デメリット
・キズが目立ちやすい

◎エンボス加工

表面に細かい凸凹加工を施したもので、手触りはざらざらしています。
キズがついても目立ちにくいのが特徴です。
メリット
・キズが目立ちにくい
・質感を楽しめる
デメリット
・ステッカーなど貼りにくい

ロック

◎TSAロック付き


アメリカに渡航する際には 鍵を施錠しないように義務付けられている のでTSAロック付きが
安心です。
TSA係官が中身を直接目視する場合もあり、施錠されていた場合に破壊される可能性がある
ので注意が必要です。

キャスター

◎2輪

・小さいサイズのスーツケースに多い。
・大きいキャスターを搭載されていることが多いので、斜めに引っ張る時に安心感がありま
す。

◎4輪

・大型のスーツケースはほとんど4輪。
・手元で360度回転させる事ができる

◎静音キャスター

早朝や夜間だとキャスターのゴロゴロ音が気になりまる人も多いと思います。

静音キャスターが開発されたおかげでゴロゴロ音が軽減されるものも多くなりました。

◎Wキャスター

タイヤが二重に重なっているWキャスターは、安定感のある走行が出来ます。
二重になっている分、本体重量も少し重くなります。

サイズの選び方

サイズを選ぶときのポイントは、 機内に持ち込むか飛行機に預けるか で違ってきます。

◎機内に持ち込む

メリット
・乱暴に扱われて破損の心配がない。
・ターンテーブルを待たずに出発出来ます。
・紛失の恐れが少ない。
デメリット
・長い渡航には向かない。
・チェックインした後も持ち歩かなければいけない。

◎飛行機に預ける

メリット
・小さいサイズから、大きなサイズまで幅広く対応出来る。
・荷物が多い人や、長期の渡航の人に向いてます。
・チェックインの時に預けるので、後の行動が楽です。
デメリット
・乱暴に扱われると破損の恐れがあります。
・ターンテーブルで荷物を待たなければいけません。
・乗り継ぎがあると紛失のリスクも高まります。

国内線と国際線のサイズ規定の違い

機内持込みサイズ
国際線、国内線の100席以上の飛行機で「3辺の合計が115cm以内(国内線W55×H40×D25)」

国内線の100席未満の飛行機で「3辺の合計が100cm未満(W45×H35×D20)」
LCCの飛行機は、各社ごとに規定サイズが異なるので事前にHPで調べて商品を選ぶといい
でしょう。

日数で選ぶサイズの違い

最近では高さを抑えて横に広く、容量を確保したスーツケース増加しています。
スーツケースのサイズ選びの目安は 1泊10リットル
Sサイズ
・1〜2泊 〜25L
・2〜3泊 26〜40L
Mサイズ
・3〜5泊 41〜60L
・5〜7泊 61〜80L
Lサイズ
・8泊  81L以上

予想外に荷物が増えてしまった時に備えて、折り畳みバッグも持っていると安心ですね。

利用シーンから選ぶ

サイズや機能が決まったら、今度は利用シーンに合ったスーツケースをおすすめします。
⑴出張
PC収納ポケットが付いていると、PCや書籍の出し入れがスムーズで便利
・コンパクトなビジネスキャリー
・フロントポケット付き機内持込みサイズ
⑵都市部への旅行

ニューヨーク、パリ、ロンドンなどの都市は 石畳や舗装道路 が多い為、サスペンション付き
ホイールを備えたスーツケースがおすすめです。
・サスペンション付きホイール
⑶アドベンチャー/ネイチャーウォッチング

自然を楽しむネイチャーウォッチングなどが目的の旅行では、収納や軽量に重点を置いて選
ぶといいでしょう。
「CURV(カーヴ)」という独自素材を用いた耐久性のあるスーツケースがアドベンチャーに
はおすすめです。
・CURVコレクション
・ソフトケース
⑷ショッピング目的の旅行

ショッピングが目的の旅行では、帰りはお土産をたくさん積めてスマートに家に戻りたいで
すよね。
そんな時は エキスパンダブル(拡張)機能 を備えたスーツケースが安心です。
・エキスパンダブル機能付き

⑸留学(短期)
短期留学の目安は2〜4週間程度。
衣類も必要なツールや道具が入って、帰りにはお土産を入れるスペースも欲しいものです
ね。
エキスパンダブル(拡張)機能付きのスーツケースがおすすめです。
・エキスパンダブル機能付き

⑹修学旅行
軽くて取り回しがしやすく コンパクトなスーツケース がおすすめです。

4輪のホイールだと360度回転するので大勢での移動にも使いやすいです。
・コンパクトな4輪モデル
スーツケースの選び方をマスターしたら、次は購入です。

どこで買ったらいい?

有名ブランドのスーツケースだと基本的にどこで買っても大丈夫です。
・百貨店、デパート
・イオンやヨーカドーなどの量販店
・ホームセンター
・家電量販店
・ネットショップ
などで購入出来ます。
一番のオススメは ネットショップ です。

・品揃えと安さ、そして送料無料で自宅まで持ってきて貰える。
・実物を見ない代わりに、値段が安いのが最大の特徴です。
ノーブランドのショップブランド品なら1万円を切るものもあります。

買う時にチェックすること

商品に問題ないか、買う時にはチェックしましょう。
*ネットショップの場合も届いたらまずチェックしてください。
・引手を出したり、閉まったりしてください。
・車輪のチェックで、スーツケースを回してみてください。
・中を見て破損がないか確認してみてください。
引手の出し入れがスムーズで、車輪がきちんと回れば問題ありません。
大丈夫だったら購入しましょう。

最後に

スーツケースで移動する時に、4輪なのに2つの車輪で引いている人をよく見かけます。
移動の際は必ず4つの車輪を動かしてください。
何故かというと、車輪の減り方が変わってしまいます。
・真っ直ぐ立たないで斜めに立つ
・置いたら倒れてしまう
このような状態になってしまい 車輪の寿命も短くなる ので注意しましょう。

ロフ てき まとめ

スーツケース選びに必要なポイントって、意外とたくさんありましたね。
自分の旅行や出張の条件に合ったスーツケースが見つかれば、きっとトラブルもなく満足の
いく結果になりますよ。
是非今回の記事を参考に、自分にぴったりの相棒たちを見つけて、素敵な時間を過ごして下
さいね!



最近のコメント