車中泊旅行におススメ!『RVパーク』とは??

車中泊旅行で最も大切なのは、車中泊出来る施設を見つける事です!

車中泊出来る場所として代表的なのは「オートキャンプ場」、

日本RV協会が整備を進めている「RVパーク」、そして「道の駅」です。

今回は近年注目されている『RVパーク』について紹介していきます。

1.RVパークとは?

RVパークとは、Recreational Vehicle Park」の略で、

アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリアなどのキャンピングカー大国で

人気のある車中泊専用の施設です。

日本では2010年から一般社団法人RV協会が普及を始めました。

車中泊旅行者に、『快適に安心して車中泊ができる場所』を

提供するために認定している、車中泊専用有料駐車場のことです。

基本予約が必要なしで利用出来るのも特徴でしょう。

2020年5月中旬現在、全国に154カ所のRVパークが認定されており、

その数は年々増加中です。

2.RVパークの魅力

1.トイレ完備、24時間利用OK!

車中泊の場所選びで、最も気になるのが「トイレの有無」。

RVパークは「24時間利用可能なトイレ」を備えていることが認定条件なので、

どの場所にもトイレが完備されています。

奥様とのの車中泊や、いざというとき、かなり心強い!

2.入浴施設も近くにある!

旅の疲れを癒すには、お風呂に入るのがイチバン!

そんなお風呂好きなアナタにもRVパークはおすすめです。

ほとんどのRVパークでは入浴施設も利用可能!

 同じ敷地内に併設されているところも多いので、

車中泊場所から歩いていくことも出来て便利!

3.ゴミが捨てられる!

車中泊で困るもののひとつが「ゴミの処理」。

車中泊期間が長くなればなるほど、ゴミが溜まってしまいます。

夏場は生ゴミから異臭が発生することも。

RVパークでは、車中泊旅で出たゴミを処理してくれるのも特徴。

多くの施設で無料対応してくれます(一部、有料の場合あり)。

4.電源を使える!

RVパークは100vの電源供給設備も完備。

だからサブバッテリーの充電もできますし、

家庭用の電気ポットや炊飯器などを持ち込めば、

その電源を使って車内で調理も可能。

(但し、車外での調理は禁止とされていますのでご注意ください。)

電源の使用は有料のところが多いですが、

RVパークによっては施設利用料に含まれているところもあります。

5.車中泊のための場所だから安心!

高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、

道の駅が車中泊に絶好の場所という話を聞きますが、

実はこれらの場所、車中泊が正式に認められているわけではありません。

許されているのは、「あくまで仮眠、もしくは長時間の休憩」のみ。

一方、車中泊が正式に認められている場所は、

今回、紹介しているRVパークとオートキャンプ場の2カ所。

RVパークは一般的な駐車場よりも広めのスペースが確保されており、

一週間程度の滞在も可能で、ゆったりと車中泊を楽しめます。

3.RVパークの懸念点

1.施設数が少ない

車中泊人口に対して、RVパークがまだ少ないという点です。

現在、全国に154カ所のRVパークが認定(2020年5月中旬現在)されていますが、

一カ所の施設での利用可能台数が少なめです。

また、RVパークはとても利便性が高い場所ですが、

1施設あたり2~10台ほどと利用可能台数が少ないことが特徴です。

あらかじめ利用可能台数も調べておくと良いでしょう。

大型連休など混雑が予想される場合、予約が可能な場合は、

事前に予約して確実に利用できるようにしておくことも有効です。

ただし、RVパークは年々増加傾向にあるので、今後に期待しましょう。

2.利用料金が高め

1泊1台2,000~2,500円ほどがほとんどです。

その料金に電源使用やゴミ処理代が含まれているところもあります。

比較的に値段設定が高いので、月単位の長期間利用には不向きです。

まとめ

魅力が多い『RVパーク』。

快適な車中旅行の選択肢の1つとして、検討してみてはいかがでしょうか?

最近のコメント