仕事が遅い人の特徴3選【改善も含め解説】

「仕事が全然早く終わらなくていつもおこられてしまう…」

「すごく時間が掛かっちゃうから何とかしたい」

こんなふうな悩みを抱えている人も少なくないと思います。

仕事は量や中身でかかる時間が全然違う…と、

良く思われがちです。

しかし実際には皆さんの行う仕事というのはそんなに時間が掛かるものじゃありません。

「え?そうなの?じゃあ、一体何が原因になっているの?」

と思いますよね?

今回はそんなことも含めて、

私の経験や、

身の回りの人を観察したうえで、

仕事が遅い人の特徴を3選と改善について解説していこうと思います。

今回の記事を読むことにより、

仕事が遅い人はどんな特徴があるのかと、

それを改善するための対処法について理解することができます。

さて、

それでは早速解説していきたいと思います。

あわせて読みたい!

仕事が遅い人の特徴3選

それでは、

早速仕事が遅い人の3つの特徴についてお伝えしていこうと思います。

皆さんもこれから紹介する3つが当てはまっていないかどうか確かめてみましょう。

 1-1.その①:すぐに取り掛からない

まず一つ目の特徴は、

仕事にすぐに取り掛かれない人です。

こういった特徴はだいたい納期ぎりぎりで弱音を吐いているのが落ちなんですよね。

仕事というのは取り掛かってはじめの時が意外と大事で、

これにすぐに取り掛かれる人というのはだいたい早い段階で仕事を終わらせる人が多いです。

仕事の量とかで、

良く萎えて放置してしまうなんて経験がある人は結構いると思いますが、

案外この取り掛かりの部分で、その後の進捗が大きく変わったりするんですね…。

 1-2.その②:時間計画を怠る

二つ目の特徴は、

時間計画を怠る人です。

時間計画をしっかりしていない人は、

仕事が今どれくらいまで進んでいるのか?

これから取り組んで大体何日で終了しそうか?

ということを全く考えないで取り組んでいるパターンが多いです。

仕事の進捗状況は、今後もどれくらいの力量で、

どれくらいかけて終わるのかを確かめるのにもとても必要なことです。

そのために進捗に一番関わる時間計画をしっかりと立てて仕事を行える人は、

スムーズに仕事をこなすことができます。

ここなすことができます。

こういうところが計画的にできるかどうかでも、

仕事の速度に関わるんです。

 1-3.その③:質にこだわる

三つ目の特徴は、

仕事の質にこだわる人です。

別に仕事の質や制度にこだわりを持つのは悪いことではありません。

ですが、

こういったこだわりを持っている人は、

だいたい納期までに提出できない人が多いです。

仕事の最終目標というのは、

何があっても納期です。

その納期までに提出できない場合は、

技術力以前に信頼性に欠けます。

仕事が速く、

上手な人というのは、

仕事のクオリティより、

納期と報連相をしっかり重視して仕事に取り組んでいる人が多いです。

そもそもな話、

今の時代は技術職や職人などの仕事の価値性は低くなってきています。

発注する側はあまりそういうのを求めていないからです。

ならば先に取らなければいけないのは相手との良好な関係ですよね?

今はそうした信頼度を重視するため、

過度なこだわりは捨てた方が効率化を図れると思います。

購入サイト

あわせて読みたい!

遅い仕事を改善する方法

さて、ここまでで、

仕事が遅い人の特徴3選を紹介していきました。

遅い人の傾向が理解できたのではないでしょう?

それではそんな遅い仕事を改善するためには何をすればよいのでしょう?

早速解説していこうと思います。

 2-1.相手のことを前提に考える

仕事を行うならば、

まずは相手のことを前提として考えましょう。

相手は何をもってこの仕事を任せているのか?

相手はどんな風にしたら喜んでくれるのか?

相手はあなたにどんな仕事をしてほしいのか?

などを念頭に置いて仕事に取り組んでみましょう。

まあつまりサービス心ですね。

このサービス心を意識しながら仕事に取り組むことで、

仕事の質もよくなりますし、

もちろん仕事の遅さも改善できます。

 2-2.仕事が速くなる仕組みを作ろう

もう一つは、

仕事が速くなる仕組みを作ることです。

仕事が遅い人に共通する点が、

仕組化をできていないという点です。

特に頭を使わず、

安直にタスクをこなしているところがあります。

これでは速度どころか、

仕事内容だけで相手にあきれられてしまいます。

「でも、だからといってちゃんとやったら疲れるし…」

という意見もあります。

だからそれを簡単にするための仕組化が必要なんです。

今日の仕事はこんな時間で、

このペースで行おう…など、

仕組化をして行動パターンを作ることで、仕事をもっと楽に効率化できます。

ちょっと頭を使えばだれにでもできてしまうので、

皆さんもやってみましょう。

まとめ

というわけで今回は、

仕事が遅い人の特徴3選と、

遅い仕事を改善する方法について解説してきました。

まとめると、

  1. 仕事が遅い人はすぐに取り掛からない
  2. 時間計画を怠る
  3. 質にこだわる
  4. 仕事をはやくするためには、相手のことを前提に考える
  5. 仕事を仕組化して効率を上げる

という感じです。

皆さんもぜひ試してみてください!

購入サイト

最近のコメント