50代 認知症

認知症という言葉は、

高齢社会においてはとても身近になってきています。


しかし、70代80代になってからしか認知症に

ならないと思われている方も多いかと思います。
しかし、若年性認知症(若年性アルツハイマー)

になる方も中にはいらっしゃいます。

今回は、若年性認知症(若年性アルツハイマー)

の症状や原因などを詳しく紹介していきたいと思います。

そもそも若年性認知症とは?


一般的には、65歳未満の認知症患者の方が若年性認知症と区分されています。
厚生労働省の調査によると
全国における若年性認知症者数は3.78万人


18-64歳人口における人口10万人当たり若年性認知症者数は、

47.6人というデータも出ています。
https://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/03/h0319-2.html

主な症状としては、物忘れになります。
しかし、老化とともに物忘れは必然的に起こってきます。

では、認知症と老化が原因の物忘れとの違いとはなんでしょうか?

老化が原因の物忘れはものをどこに置いたかを忘れていて、

ものを置いたという行動自体は覚えていることが多いです。
しかし、認知症の場合はものを置いたという行動自体を忘れてしまうことが

大きな違いです。
この症状から被害妄想などに発展することもあります。
例えば、自分がお金を使ったときに何に使ったのかを忘れてしまった場合は、

老化が原因の物忘れになる可能性が高いですが、

認知症の場合は「家族に取られたんじゃないんだろうか?」

と被害妄想をすることがあります。
このことが認知症の方を介護するのが難しい原因の一つになると思います。

また、理解力・判断速度・集中力や作業力の低下など

脳に関わる動作が遅くなることがあります。
これも老化が原因である場合と見分けがつかない部分もありますが、

被害妄想をするかどうか、

徘徊をするかどうかなど普通の老化にはない症状が現れます。

認知症の原因とは?

スポンサーリンク


認知症の正確な原因はまだわかっていませんが、

最近研究が進んでおり、

アミロイドβタンパク質が脳に蓄積することで神経細胞が破壊されて

シナプスの伝達がうまくいかないことが認知症の原因ではないかとされています。
しかしながら、

なぜアミロイドβタンパク質が脳に蓄積する人としない人がいるのかについては

まだ詳しくはわかっていません。
よって完治させることは出来ませんが、

予防させることはだいぶ科学的な医療の進歩によって治療法が確立されてきました。

認知症の症状は?

認知症は、脳の働きの低下が原因になり、引き起こされるさまざまな症状のことです。その症状には、主に脳の働きの低下によって起こる ひどいもの忘れがあります。 環境や体験、気質によってあらわれる 徘徊、過食・拒食、幻覚・妄想、不潔行動などがあらわれることもあります 。

認知症になるとできなくなること?

  • 法律行為が出来なくなります。
  • 相続対策が出来なくなります。
  • 必要なお金の管理が出来なくなります。
  • 財産の保管場所や内容がわからなくなります。

認知症になる まえにやっておくべきこと!

  • 財産の所在と内容を控えておく、伝えておく!

(内容をどこまで伝えるかは注意を)

  • 遺言書を書いておく!
  • 葬儀やお墓について考えておく!
  • 地域の介護拠点を把握しておく!

認知症の治療について


正確な原因がわかっていないのなら、認知症を治すことは出来ないのではないか?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
確かに、今の医療の技術では認知症を完治させることはとても困難です。
しかし、認知症の症状を遅らせることは出来ます。

そのためにも、まずは認知症を早期発見することが何よりも先決です。

主な治療としては、

薬(アセチルコリン伝達を改善するなどの薬剤)の処方によって遅らせることが出来ます。
また、日頃から少しずつでも頭を使う作業をしたり、

外出して適度な運動をしたり、栄養バランスのとれた食事をするなど、

健康的な生活を送ることも有効です。
もっと症状がひどくなってきた場合は、

介護やデイサービスや医療機関の手助けが必要な場合が出てきます。
その時は、要介護度などを自治体に届け出たり、

介護サービスの申請などの手続きを行う必要があります。
本人だけでは出来ない場合は、

家族の方と同伴してそのような手続きを行う必要があります。

若年性アルツハイマーについて、ロフ てき まとめ


若年性認知症に限らず、

認知症やアルツハイマーは周りの家族が献身的に支えなければなりません。
このご時世、老老介護の問題や介護疲れなどの

現代の高齢(化)社会ならではの社会問題が増えてきました。
認知症の本人ももちろん物忘れなどで大変かもしれませんが、

その周りの介護者や家族の方も大変な状態が続きます。
なので、ぜひ皆さんも規則正しい生活をして認知症にならない・なったとしても症状を遅らせるといったような予防をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

最近のコメント