マスクで肌荒れ!? スキンケア方法解説

新型コロナウイルスの影響でマスクを付けている時間が多くなった今、肌トラブルに悩まされる人が増えてきているようです。皆さんはいかがですか? 肌荒れやニキビが増えた気がする、という方も多いのではないでしょうか。この記事ではマスクを長時間つけているとなぜ肌トラブルが起きてしまうのか、またその対処法を解説します。

マスクで肌トラブルが起きる原因

まずはマスクを長時間つけていると肌トラブルが起きてしまう仕組みを見ていきましょう。主な原因は三つあります。マスクの内側にどのようなことが起きているのでしょうか。

摩擦

マスクをしながら喋ったり、マスクを直したりすることで、マスクと肌の間で摩擦が発生します。皮膚の表面は角質で外界の刺激から守られているのですが、摩擦で皮膚表面が刺激されると、角質が剥がれて肌のバリアがないデリケートな状態になってしまうのです。その弱った肌がさらにマスクと触れあって刺激されることで、肌荒れやかぶれ、ニキビができてしまうという悪循環が起きます。元々は敏感肌でない人も、一時的に敏感肌になってしまうのです。

蒸れ

マスクを正しく付けていると、息に含まれている水分でマスクの中が高温多湿になり、ニキビの原因菌が繁殖してしまいます。マスク内が蒸れることで皮脂が分泌されて、それもまたニキビの原因になります。その他に、咳やくしゃみで口から出た雑菌が高温多湿の環境で繁殖してしまい、肌荒れが起きることもあります。

乾燥

先程マスクをすると蒸れると説明したため、乾燥とは正反対似思えるかも知れません。しかしマスクを外したとき、湿気が一気に外に流れて行きます。すると慌てて肌は乾燥から守るために皮脂を分泌するため、ニキビや吹き出物ができてしまいます。スキンケアをせずに長時間放置していると、肌荒れの原因にもなります。乾燥した肌はバリア機能が衰えていて、肌トラブルが起こりやすい状態になっています。

スキンケアのポイント

マスクを長時間つけることで、摩擦や蒸れ、外したときの乾燥が原因で肌が敏感になってしまうということが分かったかと思います。しかし、肌トラブルが起きるからといって、マスクをしないわけにはいきませんよね。ここではスキンケアのポイントを見ていきます。

マスク選びのポイント

敏感肌の方、マスクを長期間付けていて肌が敏感になってしまった方にオススメのマスクは、コットンやシルクの生地を使っているものです。コットンは柔らかく、シルクはサラサラした感触で、チクチクしません。少し値段が張りますが、洗って何度も使えるものですから買って損はないでしょう。こだわりの日本製や医療機関が認めた製品など様々あるので、探してみてはいかがでしょうか。長時間マスクを付けていることの弊害である耳の後ろのかぶれまで防いでくれますよ。

購入サイト

スキンケアアイテム選びのコツ

スキンケアアイテムを選ぶときに大切なのが、敏感肌に優しい商品を選ぶことです。今までは肌が強い方だった方も、マスクを長時間つけていて肌が敏感になっている可能性があります。自分が普段使っている化粧品メーカーに敏感肌用があると思います。配合成分を確認して、お肌に優しいか確認してみましょう。無香料・無着色のものがオススメです。パッチテストが行われた製品を選ぶと更に安心ですね。

購入サイト

強く擦らないように注意

洗顔をするとき、皮脂をよく落とすように強くこすってはいませんか。また、下地を塗るときに力が入ってしまう方もいるのではないでしょうか。敏感肌のためのスキンケアのコツは、表面を滑らせるように、力を入れずに洗顔や化粧をすることです。特に洗顔は泡で撫でるようにしましょう。また保湿にも気をつけ、潤いを逃がさない洗顔や、高保湿の乳液、美容液などを使いましょう。

病院受診や治療薬購入も考えて

様々なスキンケアを紹介しましたが、それでも治らない方や、酷い肌荒れに悩まされている方は、市販の外用薬を購入することも考えましょう。どれが自分に合っているか分からない方は、皮膚科を受診してお医者さんの処方を受けることも視野に入れてみてください。正しい対処法で素早く直すことが一番大切です。

まとめ

ここまでマスクを長期間付けていることで肌トラブルが起こる原因やスキンケアのポイントを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。今まで敏感肌でなかった方も、マスクを付ける時間が長引くことで一時的な敏感肌になってしまうということが分かったと思います。優しい素材のマスク選び、優しい成分のスキンケア、そしてスキンケアのときは肌に優しく触れる、このように自分の肌をいたわってくださいね。最後に、症状が酷い方は自己判断せず病院を受診しましょう。早期に直すことが、跡を残さないことにも繋がります。この記事で自分にもできそうなことが見つけられた方は、ぜひ試してみてくださいね。

あわせて読みたい!

購入サイト

最近のコメント