ジョギングによる3つの得られる効果

どうも! ロフ です。

購入サイト

健康のためや、楽しみのために、ジョギング をしよう!

健康のためや、楽しみのために、ジョギングをしているという人は大勢います。

ジョギングをしている人が増えてきたことから、

ジョギングのガイド本なども出版されているようです。

それでも、運動が苦手な人や長距離を走ったことがない方にとっては、

ジョギングはただ辛いことにしか思えないかもしれません。

ジョギングをする人が増加している背景には、

どういった事情があるものでしょう。

ジョギングをすることによって得られる効果は、

ジョギングの効果

1: 体脂肪燃焼

ジョギング(有酸素運動)は、

短距離走や筋トレ(無酸素運動)のような瞬発的な動きと異なり、

時間をかけて継続的に体を動かしていきます。

トレーニング中は、

動き続けるためのエネルギーを供給し続ける必要があるため、

エネルギー源として、

体脂肪が燃焼されていきます。

この作用が、

ジョギングでダイエット効果が得られるしくみです。

効率的に体脂肪を燃焼させるためには、

負荷をあまりかけすぎないことが必要です。

トレーニング中は、

少しずつ全身に汗をかく 程度が目安となります。
なお、

エネルギー源として体脂肪が使われるためには20分ほどかかります。

そのため、

ジョギングでは20~30分かけて行うことが重要です。

2: 筋力強化

運動強度が上がることで消費するエネルギーも増え、

ウォーキングよりも大きな運動効果が期待できます。

筋力は神経伝達が改善、

筋線維の活動量増加・肥大化することでアップします。

反対に筋肉を使わずにいると、

どんどん筋力も落ちていくのです。

ジョギングで長時間走るための筋肉を動かすことは、

筋力や筋肉量の維持・向上にも効果的といえるでしょう。

3: 生活習慣予防 免疫力アップ ストレス発散

軽い運動をすることによって、

脳にもしっかりと酸素や栄養が行きわたるようになり、

認知機能や記憶力が向上するほか、

思考力を担う部分の働きも活性化されるでしょう。

頭がすっきりとして、

ストレス発散やリフレッシュ効果が期待できます。

強度が高く負荷の大きい運動では

反対にストレスの原因となってしまうということ。

すぐに息切れを起こすようなハードな運動ではなく、

ジョギングのように適度な疲労感がある運動がおすすめなのです。

購入サイト

これらをふまえて

ダイエット目的でジョギングをするなら、

それほど早く走らなくても、体脂肪の燃焼を促進することができます。

ジョギングを始めるに際しては、

走ることができる靴と服装が整えられれば、それでOKです。

食事を減らす方法とは異なり、

ジョギングをすることはダイエットになるだけでなく、

健康を増進する効果もあります。

有酸素運動であるランニングは、

長い時間行う方がダイエット効果があるので、

最低でも20分以上続けることが大切です。

スタートダッシュから飛ばすと、

あっという間に疲労してしまいますので、

最初はまず準備運動を行いウォーキングからスタートしましょう。

毎日ウォーキングを続けることからはじめて、

体が慣れるに従ってジョギングの時間を少しずつ増やしてみましょう。

にジョギングよるダイエットを行う時には、

体調をチェックしつつ、

無理のない範囲で運動量を多くしていくといいでしょう。

ジョギングの注意点

  • こまめに水分補給をすること!
  • ストレッチを必ず行うこと!

ロフ てき まとめ

ジョギングを取り入れることにより、心身ともに健康な身体つくりができます

最近のコメント